盛り上がる景品とは

テーマパークチケット忘年会にふさわしい、盛り上がる景品の提案として、全国のテーマパークチケットや温泉旅行等がお勧めです。チケットや旅行券の場合、実際に渡すのは小さなチケットのみになりますので、かさばらず、誰でも当日持ってかえることができる上に、誰もが喜ぶ豪華景品にふさわしい内容です。加えて、テーマパークや温泉旅行は日本全国にありますので、種類が豊富で、前回の景品とかぶるという心配がありません。

手配も簡単で、また景品として受け取る側も、かさばらず、鞄に入るサイズで準備ができますので、景品として最適な選択だと言えるでしょう。もちろん、ゲーム内容や出し物については別にまた考える必要がありますが、景品さえしっかりポイントを押さえておけば、参加者のモチベーションが自動的に上がり、また忘年会の楽しい雰囲気も加わって、大きな失敗は避けることができます。

忘年会の成功を握っているのは、お店選びと、景品といっても良いかもしれません。幹事に任命された方は、早い段階で準備をすることをお勧めします。また、景品については、手軽に扱えて、しかも豪華である食べ物系か、テーマパーク、温泉旅行券等の利用をお勧めします。ネット検索で専門サイト等を調べてみると良いでしょう。

推奨HP・・・忘年会景品
(景品向け商品を販売しているサイトです。)

景品の選び方について

忘年会の景品の選び方ですが、予算は湯水のようにある訳ではありませんが、参加者のモチベーションが下がってがっかりされない為にも、複数の目玉商品をちゃんと入れておくことが、盛り上げる忘年会にする為のポイントです。そして、ハズレの景品もしっかり準備を行います。「数よりも質」に意識しながら、バランスを見ながら選択をしましょう。

カニ年末のビッグイベントですので、ここは街中の抽選会のように、大型家電を混ぜてみては、と思った幹事の方は、注意が必要です。家電は既に家にある場合がほとんどですので、もしどうしても入れるのであれば、最新で誰もまだ買っていない可能性の高いものを選択すると良いでしょう。貰って嬉しい家電ではありますが、大型家電は、当日持って帰れない可能性が高い為、大きすぎないことが大前提です。二次会やその後の帰宅の際に迷惑になる危険性もありますので、できれば加えない方が賢明ということを覚えておきましょう。

忘年会にふさわしく、インパクトが強く、かつ全員の参加者に喜ばれ、貰って嬉しい景品として、お肉やカニ等、豪華食品もお勧めです。普段自分では買えないような物は、そのご家族も含めて喜ばれる景品となるでしょう。

忘年会で必要な準備

忘年会は、会社にとって毎年欠かせない行事となっています。忘年会の季節になると、幹事に任命された人が準備に追われることになり、その準備に右往左往される方も多くおられます。参加する社員や上司全員が満足できる宴会を提供できれば、自身の評価にも繋がる可能性もあります。面倒だと思われるかもしれませんが、しっかり心して準備をする必要があります。

ポイント忘年会の段取りのポイントは、「開催日時」「お店選び」「盛り上げる内容」大きくこの3つを押さえておきましょう。開催日時の都合は人それぞれですが、やはり優先しなければいけないのは、忘年会での重要人物です。社長や役員、部長、直属の上司等、絶対に外せないという人の都合に合わせて決定します。日にちが決まれば、お店選びですが、お店選びは忘年会の成功を左右しますので、とても重要です。参加者の分析を行うことで、より最適なお店選びをするようにしましょう。年代・男女比・好みのお酒・食べ物アレルギーの有無、一人あたりの予算(会費)等、ある程度の傾向が分析できたら、お店を下見して、お店の雰囲気をチェックしておくと間違いないでしょう。

開催日時、お店選びが終了したら、最後はいかに会を盛り上げることができる内容にできるか、になります。忘年会で欠かすことができないイベントとして、ゲームや余興があります。参加者は目玉の景品目当てでモチベーションを上げて来ていますので、景品選びは忘年会にとって大切なポイントになります。