忘年会で必要な準備

忘年会は、会社にとって毎年欠かせない行事となっています。忘年会の季節になると、幹事に任命された人が準備に追われることになり、その準備に右往左往される方も多くおられます。参加する社員や上司全員が満足できる宴会を提供できれば、自身の評価にも繋がる可能性もあります。面倒だと思われるかもしれませんが、しっかり心して準備をする必要があります。

ポイント忘年会の段取りのポイントは、「開催日時」「お店選び」「盛り上げる内容」大きくこの3つを押さえておきましょう。開催日時の都合は人それぞれですが、やはり優先しなければいけないのは、忘年会での重要人物です。社長や役員、部長、直属の上司等、絶対に外せないという人の都合に合わせて決定します。日にちが決まれば、お店選びですが、お店選びは忘年会の成功を左右しますので、とても重要です。参加者の分析を行うことで、より最適なお店選びをするようにしましょう。年代・男女比・好みのお酒・食べ物アレルギーの有無、一人あたりの予算(会費)等、ある程度の傾向が分析できたら、お店を下見して、お店の雰囲気をチェックしておくと間違いないでしょう。

開催日時、お店選びが終了したら、最後はいかに会を盛り上げることができる内容にできるか、になります。忘年会で欠かすことができないイベントとして、ゲームや余興があります。参加者は目玉の景品目当てでモチベーションを上げて来ていますので、景品選びは忘年会にとって大切なポイントになります。